ニチレイの冷凍食品はお弁当に最適!

手間がかからないのにおいしいお弁当、冷凍食品をお弁当に活用してみませんか?

冷凍食品の良さは何と言っても手間のかからなさ!

今でこそ誰もが知っている冷凍食品ですが、意外とその歴史についてご存知の方は少ないのではないでしょうか。
アメリカなどの世界主要国を中心として、魚や加工食品用の果物を冷凍して輸送することなどを目的に、1900年頃から食品業界ではじまった冷凍食品の歴史。
日本で、一般家庭向けに冷凍食品が紹介されはじめたのは、1930年代頃と言われており、世間一般からの注目を広く集めはじめたのは、今からずっと前の1950年代になってからです。
ちょうどその時期には、電子レンジなどの電化製品の普及もあり、急速に、わたしたちにとって身近な食品となっていきました。
それから長い年月を経て、冷凍食品は、誰もが一度は目にしたことのあり、口にしたことのあるであろう存在となっていますよね。
日本国内の冷凍食品ではトップを争うシェアを誇るニチレイの冷凍食品も、そんな長い歴史の中で進化をしてきました。
現在では、普段の食卓で活躍してくれるおかずや主食はもちろん、お弁当用としての活用できるさまざまな冷凍食品が展開されています。
冷凍のおかずをお弁当箱に詰めるだけで、彩りも栄養バランスも良いお弁当が数分で完成しますし、食感や色味もそのままに、手軽に使うことのできる冷凍野菜も各種揃っているので、あと何か一品を作りたいという時や、ちょっと野菜を付け合わせに足したいなという時などにも、とても便利ですよね。
学生さんでも社会人でも、それぞれお弁当を作る理由にはいろいろなものがあるかと思いますが、ぜひ冷凍食品を上手に利用して、毎日の食生活をもっと充実させてみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る